ネイリストの適正

ネイリストになるのに向いている人とは?

ネイリストに向いている人の条件として、まず最初に挙げられるのはネイルが好きである、ということでしょう。
ネイルに興味もなく好きでもない、という人がネイリストになったとして、毎日ネイルに触れて毎回お客様に満足してもらえる仕事をし、それを続けていくことができるでしょうか。
ほとんどの場合、そういう人ではネイリストとして上手くやっていけないでしょう。
ですから、ネイリストになるには、まずネイルが好きであるということが大前提となります。

その上で、他に必要な適性としては、人の爪というけして広くはない作業範囲の中で、お客様に満足してもらえるようなネイルを創り出していくため、細かな作業を長時間集中して行える、ということが挙げられます。
つまり、手先の器用さ、高い集中力を長い時間持続させる能力の両方が必要になります。
とは言っても、やる気があれば技術は高めることができますので、細かい作業が苦手だからといって、心配する必要はありません。
しかし、1つのことに意識を集中させるのが苦手、飽きっぽいという人にとっては、ネイリストはあまり向いていないと言えるかもしれません。

さらに、コミュニケーション能力も必要です。
サロンではお客様への施術中は、お客様とコミュニケーションを取りながらであることがほとんどですし、お客様の要望を上手く聞き出し、汲みとって、満足してもらえるネイルを仕上げることが大事だからです。
そのためには、コミュニケーション能力は必要不可欠なものです。

ネイリストを長く続けていくために必要な適性

常に流行の最先端を知り、自分の持っている今の技術に満足することなく、常に努力を続けて上を目指せる、というのも大事になってきます。
ファッションなどでも次々と新しいものが出てきますが、それはネイルでも同じです。
新しい技術も出てきますし、それをいかに早く取り入れて自分のものにできるか、というのは重要なことだと言えます。

ネイルサロンはネイリストもお客様も、ほとんど女性です。
だからこそ、女性だらけの職場ならではの悩み、ストレスも起こりやすいという特徴があります。
ですから、女性だらけの環境が苦手、という人にはきつい仕事かもしれません。

そして、意外かもしれませんが、ネイリストは重労働な面も多いです。
朝早くから夜遅くまで働くこともありますし、新人であれば練習のために多くの時間を使うことも多いでしょう。
忙しいと昼食をとれないということもあります。
つまりは、体力がないと厳しい仕事でもあるのです。
ただ、しばらくすれば体力がついて慣れてきますので、慣れるまではそのきつい状態で頑張って、乗り越えられるだけの根性がある、というのも必要な素質かもしれません。

コメントは受け付けていません。