ネイリストの活躍の場

ネイリストはどんな職場で活躍しているのか

ネイリストが活躍している職場はいくつかありますが、やはり1番多いのはネイルサロンでしょう。
ネイルサロンはネイルの専門店ですから、ネイリストがいないお店はありえませんので、当然のことではあります。
ただ、ネイルサロンにも色々な種類があります。
個人の自宅をサロンとしている個人サロンもあれば、化粧品店の一角、デパートの店舗の中、美容院の一角で営業しているサロン、当然ながら独立した店舗として営業しているサロンもあります。
ネイルサロン以外だと、エステ、ブライダルサロン、美容院など美容関連の様々な場所で活躍しているネイリストも少なくありません。
また、フリーランスのネイリストもいれば、独立して開業する人もいますし、ネイルを教え後進を育てる講師になる人もいます。

ネイリストの一般的な目標は独立すること

ネイルサロンで働いているネイリストの人に将来はどうしたいのか、ということを聞いてみると、独立したいと答える人が多いです。
独立まではいかなくても、フリーランスになりたいという人も少なくないのです。
独立することで高収入が得られる可能性があるだけでなく、自分の思うようなサロンを作り、自分のやりたいようなサービスが行える、などの理由もあります。
時間の融通が利きやすいので、副業としてネイリストをしたい、主婦業と両立させながらやっていきたい、という人もいます。

だからと言って、ネイルスクールなどに通って資格を取得し、そのままネイルサロンなどで勤めることなくいきなり独立開業する、というのはやめた方が良いでしょう。
独立を目指す時の流れは、ネイルスクールで資格を取得したらネイルサロンなどに就職し、そこで知識や技術を磨いていきながら接客のコツやスキル、店舗の運営についてなどを学び、また経験してから独立する、というのが最も現実的なのではないでしょうか。

なお、独立してネイルサロンを開業する時には、すべて自分の力で始める場合とフランチャイズに加盟して始める場合があります。
すべて自分でやる場合は、お店の名前も内装も使う道具も、サービス内容も何もかも自分で決めることができますが、お客様を集めるのも自分ですべてやらなければなりません。
しかしフランチャイズの場合、既に知られているお店の新しい店舗として開業するため、ある程度はお客様が自然と集まってきます。
ただし、フランチャイズですので本店などの指示に従わなければならず、完全に自分のやりたいようにはできないことがほとんどです。
どちらが良いのかは、どのようなネイリストになりたいのか、どのようなサロン作りをしていきたいのか、ということによっても変わってきます。
場合によっては、フランチャイズでやっていることが、自分のやりたいこととぴったり重なるということもあるでしょう。

コメントは受け付けていません。