ネイリストになるための勉強

ネイリストになるためには

ネイリストになるためには、実は資格がないといけないということはありません。
美容師の場合は学校に通って資格を取得しなければなれませんが、ネイリストは未経験であってもアシスタントやアルバイトとしてなら採用してくれる、というサロンもあるのです。
しかし、実際に施術する場合はネイルの技術や知識だけでなく、衛生管理などについてきちんと知っていなければなりません。
求人募集の際に、応募条件としてネイリストの専門学校やスクールを卒業している、ということが指定されていることも多いので、確実に早くネイリストになりたいのであれば、学校に通って技術と知識を身に付けるのがベストと言えるでしょう。

ではどんな学校に行くべきなのかというと、様々なスタイルの学校の中から自分の状況、希望に最も合う学校を選ぶのが1番です。
1度は社会人として就職し、現在も働きながらネイリストへの転職を希望している、という人であれば週に数日、夜間に通学するスクールが良いです。
10代で高校などを卒業してから、または仕事を辞めて昼間に週5日通学する専門学校に通う、という人もいます。
主婦で家事や育児と両立しながら勉強する、という人もいます。
どうしても学校に通う時間が取れない、家事や仕事などと両立してより効率的に学びたい、という人は独学、通信講座で勉強することもあります。
ただ、独学の場合はかなりの努力をしないと、一人前のネイリストになるのは難しいでしょう。

資格は取得すべきなのか?

ネイリストは資格がなくてもなれる職業ではありますが、就職で採用されやすくなりたいのであれば、資格は取得した方が有利です。
ネイリストの検定試験に合格している、ということはある一定の技術、知識は絶対に持っているのだ、という証明になるからです。
また、持っている資格によっては採用された時、給与面で差が出る可能性もあります。

ネイリストの資格として代表的なのは、JNECネイリスト技能検定があります。
この資格は、ネイリストとしての総合的な技術と知識が求められる、メジャーなものです。
人気のジェルネイルに関しての資格は、これとは別にJNECジェルネイル技能検定があり、こういった資格も就職の時に評価してもらえることがあります。
ジェルネイルの資格に関しては、既にJNECネイリスト技能検定の資格を取得していて、さらに人気の技術を身に付けたいという人に人気があります。

このような検定試験に合格するためには、学校に通っていてもいなくても勉強することは可能です。
しかし、試験では実技の試験もあるので、独学よりも学校でしっかりと基本から教わっていたり、通信講座できちんとプロから指導を受けていたりする方が、合格率は上がります。

コメントは受け付けていません。