ネイリストに必要な資格

ネイリストになるのに必須の資格はない

結論から言えば、ネイリストになるために絶対に取得しなければならない資格、というのはありません。
実際、ネイルサロンの中には専門的なことを学校で勉強したことがない人、現場で全く働いた経験がない人であっても、アシスタントやアルバイトとして採用してくれるところもあるのです。
ですが、そこで働きながらネイリストとしての知識や技術を学び、一人前のネイリストになるには、並大抵の努力では足りないかもしれません。
それに最近かなり数の増えてきたネイルサロンの中で、少しでも良い条件のところで働きたいのであれば、ネイリストに関連する資格を取得してからネイルサロンで働く、という順番のほうが良いでしょう。
その方が、就職してすぐ即戦力としてお客様に施術をさせてもらえる可能性も高くなります。

ネイリストの資格とその難易度

では、ネイリストになるのに必要な資格とは何かというと、JNECネイリスト技能検定が最も代表的でしょう。
1997年にスタートし、検定試験に合格するには、ネイリストとしての総合的な技術と知識を求められます。
ネイルの技術に関する資格の中で最も歴史がある資格で、業界でもメジャーな資格として知られています。
レベルは上から1級、2級、3級の3段階で、1級と2級の合格率は半数以下という、それなりの難易度の試験となっています。
義務教育を修了している人であれば、実務経験などなくても誰でも受けることができるのが3級で、3級を合格することで2級が受験できるようになり、2級を合格すれば1級を受験できるようになる、というシステムになっています。
3級ではネイリストベーシックをマスターし、ネイルケアの基本的な知識と技術を持っているかが問われます。
2級になると、サロンワークで通用するレベルのネイルケア、アート、チップ&ラップ、リペアについての知識と技術が問われます。
そして1級では、トップレベルのネイリストに必要とされる、総合的な知識と技術が問われます。

筆記試験は独学での勉強でも何とかなりますが、実技に関してはどうしても経験者から実際に教えてもらえないと、合格するのは難しいとされています。
ただ、3級の試験に関しては、合格率は90%近くと非常に高いので、ネイルを趣味レベルで楽しんでいるような人であっても、十分に通過することができます。
しかし、プロのネイリストを目指している場合、ネイルサロンが即戦力として求めているのは2級以上の知識と技術であるため、専門学校などに通って2級、場合によっては1級まで取得してから就職する、という人が多いのです。
ですから、ネイリストを目指すのであれば、専門学校などに通って資格を取得する、というのが1番の近道と言えるでしょう。

コメントは受け付けていません。