就職までの流れ

ネイルサロンで働くには、自分が働きたいネイルサロンに求人があるかを確認して、求人しているようであれば応募をし、採用されたら晴れてそのお店でネイリストとして働く、という流れになります。
そのためには、ご自身がどんなお店で働きたいかということをよく考えることが大切です。

大手のネイルサロンで、毎日たくさんのお客様が来店されるような店舗に勤めて経験を積みたいと考えるなら、有名な大手チェーンに応募してみるとよいでしょうし、あまりガツガツと働くのは向いていないと考える方は、こじんまりとした店舗で働くのもよいでしょう。
ちなみに、ネイルサロンには本当にさまざまな働き方があり、店舗を構えているけれど、働いているのはサロンに供されたネイリストではなく、全員フリーランスだというお店もあります。
これは、オーナーが店舗のワンブースを提供し、ネイリストはそこを借りて営業を行う形になります。当然売上から何%かはお店に入れることになりますが、たくさんのお客様を施術する人気寝イリストの場合は、何人の施術を行なってもお給料が同じネイルサロンよりも、売上制のお店の方が、収入が高くなるケースが多いので、フリーランスでの働き方が合っているかもしれません。
こうした働き方の場合は、お店で使う筆やジェルなどのネイル用品はすべて自分で用意しなければならないので、確定申告もお店側ではなく自分で行い、ネイル用品は経費として申請できます。
また、こういった店舗では、制服はなく、私服にエプロンでお仕事をすることになりますので、洋服代も経費として申請できます。

大手ネイルサロンで働くメリットは、さまざまなお客様の施術を担当できるので、技術力の向上につながりやすいといったことが挙げられます。
また、たくさんのお客様の施術を行うことで、コミュニケーションスキルも磨くことができるので、ネイリストとして初めて働く場合には、大きめの店舗の方が、勉強になることは多いかもしれません。
しかし、大手エステサロンになると、決まりがたくさんあるのでのびのびと働くことができなかったり、シフトの融通がきかないといったデメリットもあります。
また、大手なだけにスタッフも多く、同性のスタッフが多く働く店舗では、やはり人間関係のいざこざが起こりがちです。
大手ネイルサロンで働く場合には、これらのことを加味してお店選びをするとよいでしょう。

こじんまりとしたネイルサロンの場合は、人間関係が良好で、みなさん和気あいあいと働いているケースが多いようです。
しかし、大手ネイルサロンに比べると、顧客の動員数が少ないため、なかなか経験を積むことができないというデメリットがあります。また、のんびりと働いていると、どうしても技術力の向上に対して消極的になってしまいがちです。
けれど、ネイルサロンに限らず、仕事をするにあたって人間関係を重視したいと考える方は多いですよね。
せっっく面接を受けて入社しても、人間関係がギスギスしていてすぐに転職をすることになってしまうのも困りますので、さまざまな面を加味して、お店選びをすることをおすすめします。

お店選びには、口コミなども重要な要素となりますが、求人サイトで求人情報をチェックするのが効率的です。
まずは求人サイトでサロンをチェックして、いいなと思ったところに実際に足を運んで店舗の雰囲気などを確認してみる、という方法もあります。

参考サイト:働きたいネイルサロンが見つかる求人サイト

以下のサイトは、ネイルサロンの求人情報がたくさん掲載されているほか、それぞれのお店の特徴についてもわかりやすく載っているので、ネイリストのお仕事探しにとても役立ちます。
ぜひご覧になってみてくださいね。