メリット、デメリット

ネイルサロンで働くことは、基本的にはメリットの部分が大きいかと思いますが、いくつかのデメリットと感じる点もあるようです。
では、サロンで働くことのメリットとデメリットについて考えてみましょう。

サロンで働くメリットは、雇用されているという安心感があります。
ネイルサロンを自分で開業した場合には、集客や売上の管理などがすべて自分にかかってきますので、営業活動や経理、衛生管理などをすべて一人で行わなければなりません。しかし、従業員としてお店に雇われているのであれば、必死になって集客する必要もありませんし、毎月お給料をもらえるという安心感があります。
ただし、店舗によっては集客の一貫でチラシ配りなどをしなければならないところもありますので、必ずしも集客作業がないというわけではありませんのでご注意を。

また、大きいネイルサロンになると、さまざまなタイプの顧客が来店しますので、いろいろなデザインを見ることができたり、実際に施術することができ、デザイン力の向上につながるというメリットもあります。
顧客の年齢やタイプによって好みのデザインはさまざまなので、そういったいろいろな好みに応じて施術をするのは、デザインのバリエーションが広がりますよね。
またサロンでは複数人のネイリストがいますので、それぞれのネイリストの得意とするデザインを間近で見ることができるのも勉強になります。
店舗内のインテリアや運営の流れなどをつかめば、いつか自分が独立して店舗を構えるときの参考にもなります。

では、ネイルサロンで働くデメリットにはどんなことが挙げられるでしょうか?

まず、給与面が挙げられます。
ネイルサロンに雇用されている場合は、一部の店舗を除いては給与制なので、何人の施術を行なってもお給料は同じです。
また、ネイルサロンの給与は、美容業界の中でも少し低めだといわれていますので、仕事がハードな割にはお給料が伴わない、と感じるネイリストは多いようです。
店舗によっては、指名制を採用していて、指名の本数によって収入がアップするというシステムのところもあるようですが、この場合は逆に、指名が多い方はいいけれど、指名が少ない方はさらに収入がダウンしてしまいますので、かなりのデメリットといえます。

次に、ネイルサロンは女性ばかりの職場なので、人間関係にいろいろな問題が発生する可能性があります。
ネイルサロンに限らず、女性の多い職場ではちょっとした意地悪があったり、派閥があったりということは日常茶飯事です。こうしたいざこざは、どうしても避けられないかもしれませんが、ギスギスした職場で働くことが苦痛に感じる方には、厳しいものがあります。

また、サロンによってはそのお店ならではのの特徴というものがしっかり定められているため、自分の個性を出しにくいというデメリットも考えられます。
フェミニンなデザインをモットーとしているお店で働く場合、ポップなデザインを得意としているネイリストは、働きづらさを感じるでしょう。
このお店の特色についてはかなり仕事が左右される可能性がありますので、就職の際にはしっかりとチェックしておくことをおすすめします。

このように、ネイルサロンで働くことには、それぞれのメリットとデメリットがありますが、やはり一度はサロンで働いて経験を積むおことが、ネイリストにとって非常によい経験になると思います。
まずはネイルサロンをチェックしてみることから初めてみてはいかがでしょうか?