夏におすすめ、ブルー系ネイル

夏になると、ブルー系のネイルにしたくなるという方は多いのではないでしょうか。
爪先が涼しげだと、なんとなく本当に涼しくなるような気がしますし、海の青を連想してリゾート気分を味わうことができます。
そこで今回は、ブルー系ネイルのデザインをいくつかご紹介しましょう。

ブルー系は手に乗せるとかなり目立つので、オフィスワークの方はできればなるべくシンプルにまとめるのがベスト。
その中で人気があるのが「逆フレンチ」です。
逆フレンチは比較的最近考案されたデザインですが、一気に人気が出て、今ではレギュラーデザインの仲間入りをしています。

青の逆フレンチに、ゴールドやシルバーのラインを入れたデザインは、シンプルながらも主張があり、オフィスワークでも違和感があまり出ないのでおすすめ。
もう少し派手めにしたい、という方は、ブルーの色味を交互に替えて、水色とターコイズブルーでつくってみるのもかわいです。

またネイルは薬指にポイントを置く人が多いので、ブルー系ネイルでも薬指は一風変わったデザインにしてみてもよいですね。
白とブルーのマーブルいしたり、薬指以外はターコイズブルーに、薬指だけ白いネイルにするというのも素敵だと思います。
薬指のポイントは、一度やるとやめられなくなってしまうデザインのひとつ。

爪をホワイトでまとめて、ブルーのストーンを乗せるというのもシンプルで素敵です。
指全体に青を乗せてしまうのは違和感がある、という場合には、白いフレンチにブルーのストーンをあしらえば、シンプルな中にも夏の雰囲気を取り入れることができます。
ブルーという色は意外とどんな色にも合わせやすいので、ご自身のお好みの色でつくってみるとよいでしょう。

夏場のネイルで注意したいのは、カルジェルなど紫外線を浴びると変色してしまうネイルの場合、黄色くなってきてしまうことがある点です。
海に行って帰ってきたら、少しネイルが黄ばんでいる……と感じる方も多いかと思います。
ジェルの上に塗るUV対策用のトップコートがありますので、そういったものを活用すると黄ばみを防ぐことができるのでおすすめです。

普段ピンクのネイルが多いという方も、夏の間はぜひブルーも楽しんでみると、新しい世界が広がるので楽しいのではないでしょうか。
淡いブルーや白を入れたデザインであれば、違和感を感じることなく取り入れることができると思いますので、ブルー系の涼し気なネイルでぜひ、夏を満喫してください。

コメントは受け付けていません。