海外で人気のネイルアート

海外では、多くの国でアートを取り入れるよりも、シンプルにネイルをデザインしている傾向にあります。
ジェル自体がまだそこまで浸透しておらず、塗替えが自在にできるポリッシュに人気が集まっていることもありますが、海外の人はコーディネートとネイルを合わせる人が多いので、その分ネイルはシンプルにしておきたいということもあるようです。

デザインはシンプルですが、ネイルの色使いが実に斬新。
基本は単色塗りが多いという人も、ちょっとデザインを入れたいというときに、実に個性的な色味をも使ってネイルを楽しみます。
海外では、大人の女性はフレンチが主流なのですが、注目したいのはやはりその色。
ゴールドのベースに黒のフレンチや、グリーンとゴールドのフレンチなど、なかなか思いつかない色味でまとめているのはさすがです。

同じ色でツートンを楽しむという手法も積極的に取り入れています。
マットな黒のベースに、光沢のある黒のフレンチにしたり、ネイビーやボルドーでマットとツヤのツートンを楽しんだり。
こうしたテクニックは、日本の女性はあまり取り入れませんよね。
日本はどちらかというと積極的にデザインを楽しむ傾向にあるので、こうしたシンプルなデザインは逆に人目を引くのではないでしょうか。

海外ではあまりラメやストーンは使いませんが、イベントのときにはラメを用いることもあります。
いつもは白フレンチは前述したようなシンプルながらも色味み遊び心を出すデザインが多いけれど、イベントのときはフレンチの先端をラメにしたり、ホロにしたりして楽しむようです。
ラメのフレンチは、ベーシックな色を使えば逆に品があって素敵なので、ぜひ日本でも取り入れたいですね。

そのほか、すべての指を違う色でフレンチを作るというのも、海外ならではの斬新なアイディア。
日本ではひとつの指だけ色を変えたり、ということはありますが、すべての指の色を変えるということはあまりしないように思います。
けれど、シンプルなデザインでたくさんの色味を使うことによって、コーディネートの幅が広がるのでこれはおすすめです。

ネイルデザインが枯渇してきてしまったという人は、ぜひ海外のネイルデザインを参考に、今まで使ったことのないような色味にチャレンジしてみましょう。
新しいネイルデザインを施すと、不思議と気分が上がるもの。
今までピンク一辺倒だった方も、次はボルドーのフレンチにチャレンジしてみるのもよいかもしれません。

コメントは受け付けていません。