芸能人専属ネイリストを目指す

ネイリストになったからには、いつかは芸能人の専属ネイリストとして活躍したい、という夢を持っている方もいらっしゃるのではないかと思います。
では実際に、芸能人専属ネイリストになるには、どのような道のりを辿ればよいのでしょうか。

今芸能人専属ネイリストとして活躍している人も、最初はネイルスクールを卒業するなどしてから、ネイルサロンで働くところからスタートしています。
その後の流れについてはネイリストによってさまざまですが、腕を上げてネイリストとしての知名度が上がってくると、舞台やコンサートのネイルを依頼されるというチャンスが巡ってくることがあります。
その現場でよりよいネイル技術を披露し、芸能人の目に留まった場合、先方から専属契約のオファーがくるというケースがひとつ。

そのほかには、芸能人御用達のネイルサロンで働いていて、芸能人の施術をしているうちにその腕を認められ、専属契約のオファーが入るというケースもあります。
いずれにしても、施術の腕がよくないとこうしたチャンスは巡ってこないので、日夜練習に励んで腕を磨くことは必須です。

また、ネイルサロンで働く際に、芸能人が頻繁に訪れるサロンで働くということも、チャンスをつかむためのポイント。
ただし、こうした有名店は人気がありますので、従業員として採用されるにはかなり狭き門となります。
もし正社員ということにこだわらないのであれば、アルバイトで入社してチャンスを待つというのもひとつの方法です。

この芸能人の専属になりたい、という目標が決まっているのであれば、その芸能人のブログなど情報発信源をチェックして行きつけのサロンを見つけ、そこで働くことができればよりチャンスは広がります。
ただし、一人の芸能人の専属ネイリストになるということはそう簡単ではありませんので、ある意味血の滲むような努力が必要であるといえるでしょう。

芸能人の目に留めてもらうには、自分の腕を磨くことはもちろんですが、自分でもどんどんつくったデザインを発信していくというのもポイントになります。
インターネットが普及し、たくさんの人に自分の技術を見てもらえるようになりましたので、さまざまなツールを駆使して自己アピールをしていくとよいですね。

どんどん積極的に活動し、小さなチャンスを逃さないように常にアンテナを高く張りつつ、自己アピール忘れずに腕を磨く。
簡単なことではありませんが、多くのネイリストが同じように努力しています。