メリット・デメリット

フランチャイズとしてネイルサロンを開業するには、それぞれのメリットとデメリットがあります。

まずメリットは、ほかの項でも少し触れましたが、顧客に安心感を与えることができ、集客につながりやすいという点です。
初めてのネイルサロンでは、どんな仕上がりにされるのか不安で、なかなか気軽に足を運ぶことができない人が多いですが、フランチャイズの場合はいわゆるチェーン店のような感覚で足を運ぶことができるので、気軽なようです。
また、フランチャイズの場合、使用しているジェルや器具も一律ですので、顧客がサロンについての理解をあらかじめしておくことができるというのもメリットのひとつといえます。

また、フランチャイズの場合は、顧客が入りやすい場所に店舗を構えることが可能なので、集客の手間が省けるというメリットもあります。
個人でネイルサロンを開業する場合は、ここにあなたのサロンがあるということを誰も知りませんので、集客に大変な手間がかかります。
それまでネイルサロンで働いていたのであれば、独立開業時に自分のお客さまに声をかけることも可能ですが、そうしたチャンスがないと、イチから顧客を捕まえなければなりません。
集客しなくても顧客を導入しやすいというのは、フランチャイズの最大のメリットであるといえます。

逆にデメリットを考えてみましょう。
フランチャイズのデメリットは、個人事業主でも、内容はチェーン店とほぼ同じなので、自分の思うような運営をできないということが挙げられます。
サロンのインテリアも、フランチャイズに則った形で整えなければなりませんし、導入するネイル用品や機器についても、本部が指定したものになるので、「自分でサロンをつくる」という楽しさは半減します。

また、フランチャイズに加盟するには、かなりの費用がかかります。
加盟する企業によってその金額は変わりますが、初期費用もかなり必要になる上に、毎月売上の数割を入金しなければならなかったり、決まった金額を納入しなければならないので、もし思うように売上が伸びなかった場合には、あなたの手元に残る収入が限りなくゼロに近い、なんていう可能性も考えられます。
これが、フランチャイズの最大のデメリットといえるでしょう。
フランチャイズに加盟してサロンを開店するとしても、必ずしも繁盛するとは限りません。
けれど、あなたは個人事業主ですから、経営においての全責任を追わなければならないのです。

このように、フランチャイズとしてネイルサロンを開業するには、さまざまなメリットとデメリットがありますので、これらの点をよく加味して、開業を検討するようにしましょう。
フランチャイズの説明会なども頻繁に行われているので、まずはそういったものに参加して、そのフランチャイズにはどのような特色があるか、将来性があるのかというものを調査してみるのもよいですね。