フランチャイズとは

そもそも、フランチャイズとはどのようなシステムなのでしょうか?

フランチャイズは、大手企業が出しているブランド名を名乗って、個人事業としてその事業を運営することができるシステムをいいます。
例えば、大手コンビニチェーンのフランチャイズでは、自分が独立開業をし、雇われているわけではないのですが、そのコンビニチェーンの名前を使ってお店を開業することができる、というものです。
コンビニの場合、いきなり自分でオリジナルのコンビニエンスストアをつくっても、恐らく集客は難しいでしょう。
もしあなたがドライブをしていて「ちょっとコンビニに寄りたい」と思ったとき、やっぱり普段自分が利用しているコンビニが見つかるまで、つい車を走らせてしまいますよね。
フランチャイズであれば、独立しつつもその大手企業のブランド名を名乗ることができるので、顧客に安心感を与えることができ、かつ集客の手間が省けるというわけです。

参考サイト:日本フランチャイズチェーン協会

このフランチャイズシステムを採用しているネイルサロンもいくつかあります。
ネイルサロンも、まったく知らないお店よりは、名前を聞いたことのあるお店のほうが、初めて訪れるときに「ここなら間違いないかな?」という気分になり、足を運びやすいようです。
そのため、フランチャイズシステムを利用してネイルサロンを開業する方もたくさんいらっしゃいます。

フランチャイズでネイルサロンを開業する流れとしては、まず資料請求をし、その企業のフランチャイズシステムについての理解を深めます。
あなたの思うシステムとマッチしていたら、企業に問い合わせ&申し込みをします。その後、本部と面接を行い、お互いの希望についてのすり合わせをし、納得できたら、フランチャイズに仮名するための審査が入ります。審査に合格したら契約を締結して、開業の準備に入ります。
物件は自分で見つけることができるフランチャイズもあれば、物件探しから本部が携わるフランチャイズもあり、このあたりは企業によってさまざまです。
フランチャイズとして運営するには、その企業の特色についてしっかりと理解する必要がありますので、研修もしっかり行われます。