当サイトについて

「ネイルサロンで働く!」をご覧いただきありがとうございます。

ネイリストとしてお仕事をしたいと考えたとき、ネイルサロンで働くというのが一般的です。
けれど、ご自身でネイルサロンを開業するという方もいらっしゃいます。
ある程度のキャリアを積んでからの独立が望ましいとは思いますが、必ずしも経験がないと独立できない、ということではないので、自分がライフスタイルに合うと思った形で働くことができるのが、ネイリストの特徴であり魅力です。

当サイトでは、ネイリストとして働く際の働き方について、サロンで働く人、独立して働く人、それぞれの立場に沿ってご紹介しています。
ネイリストを目指す方の働き方ガイドとして、当サイトをご参考いただけたら幸いです。

nailどんなネイリストになりたいのか
ネイリストを目指すにあたり、どのような形で働きたいかということを明確にしておくと、その後の進路について決定しやすいと思います。
最終的に独立を目指すのか、サロンでずっと働き続けるのか、。決してサロンで働き続けることが悪いというわけではありません。独立にはいろいろなリスクもあります。
そうした、「どんなネイリストとして仕事をしたいか」ということについて、ここで考えてみましょう。

サロンに就職する
ネイルスクールを卒業したり、ネイルの資格を習得したら、まずはネイルサロンで働くことをおすすめします。
まずは働くことで、ネイリストがどのような仕事をしているかという全体像を把握することができますし、サロンのほうが施術する顧客数が圧倒的に多いので、自分のスキルアップにも繋がります。
ここでは、ネイルサロンでの仕事について掘り下げています。

就職までの流れ
ネイルサロンに応募し、実際に就職するまでには、どのような流れとなっているのでしょうか。
サロンを選ぶには、実際にその現場を見に行くのも有効ですが、求人サイトを活用するのが効率的です。
ここでは、就職までの流れについて解説しています。

メリット、デメリット
ネイルサロンで働くことには、よいこともたくさんありますが、独立して働くことと比べると、ちょっとしたデメリットもあったりします。
ここでは、ネイルサロンで働くことについてのメリットとデメリットについて考えてみましょう。

フランチャイズとしてサロンを開業する
ネイルサロンを開業するにあたり、独自に立ち上げて開業する方法と、フランチャイズとして開業する方法があります。
ここでは、フランチャイズとしてのネイルサロン開業について触れています。

フランチャイズとは
フランチャイズは、よくレストランチェーンなどで聞かれる言葉ですが、そもそも、フランチャイズというのはどういったものなのでしょうか?
ここで、フランチャイズの全貌について解説しています。

メリット、デメリット
フランチャイズで開業することにも、やはりメリットとデメリットがあります。
これらをしっかり踏まえて、どのように開業するのかを検討したいですね。
ここでは、フランチャイズでネイルサロンを開業するメリットとデメリットについて掘り下げています。

自宅でサロンを開業する
ホームサロン形式でネイルサロンを開業するのは、資金も少なくて済む、一番手軽な方法です。
ここではホームサロンでの開業について触れています。

メリット、デメリット
フランチャイズ同様、ホームサロンでサロンを開業するメリットとデメリットについて触れています。